ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > くらしの情報 > 環境・衛生・ごみ > 「小学生向けダンボールコンポスト講座」を開催しました!

「小学生向けダンボールコンポスト講座」を開催しました!

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年7月4日更新

5月29日(水)と6月28日(金)に、友枝小学校にて「ダンボールコンポスト講座」を開催しました。

家庭から出る生ごみ(野菜くずなど)を1ヶ月間持ちより、ダンボールコンポストの中で生ごみがたい肥となっていく経過を観察しました。
講師は特定非営利活動法人循環生活研究所の永田 由利子さんと目良 光さんをお招きしました。

小学4年生の児童15名が参加して4つのグループに分かれて作業しましたが、どのグループのダンボールコンポストもそれぞれ投入した生ごみにより状態が違っており、ほかのグループのダンボールコンポストを並べて、生ごみの分解の進行具合や、におい、たい肥の温度など、五感を使って比較していました。

ダンボールコンポストの様子観察している様子
 

比較して発見したことを発表しました。

投入した生ごみの違いによる生ごみの分解具合やにおい、色の違いなど、たくさんの意見がでました。

発表の様子たい肥として活用できる説明
いつもは生ごみとして捨てているものが、ダンボールコンポストを利用して手軽にたい肥となって花壇や畑で利用できるようになるとわかったことで、生ごみから野菜を育てるという資源の循環について、身近な存在に感じてもらえたようでした。