ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 定住促進 > 三世代が同居している世帯に補助金を交付します

三世代が同居している世帯に補助金を交付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

 町では、平成23年度から少子化対策の一つとして、親、子、孫等が同居する三世代同居世帯を支援することにより、定住化の促進を図ることを目的として三世代同居世帯に対し、「三世代同居世帯支援事業補助金」を交付しています。

三世代同居世帯とは         

 町内に居住し、親、子、孫等の三世代以上で構成され、かつ、同一住宅内に同居する世帯をいいます。ただし、住民票が同一世帯でも別棟に居住する場合や、同居であっても住民票上は世帯分離している場合などは補助金の対象となりません。また、町税等の滞納がない世帯に限ります。

補助金の内容

区分

補助対象者

補助金額

学校給食費助成

小中学校に通う児童生徒がいる世帯の保護者給食費本人負担額の2分の1

家庭内保育助成

就学前で保育所等に通所していない児童(0歳~6歳まで)がいる世帯の保護者児童1人につき月額7,000円

※支給月は、10月と4月の年2回で、それぞれの前月分までを指定口座に振込みます。

申請手続きの方法

 4月1日時点で補助対象となる方は、毎年度6月末までに申請すれば4月分から支給します。出生や転入等により、年度の途中で新たに該当することとなった場合は、随時申請を受け付け、申請した月の翌月分から支給します。
 申請が遅れると、遅れた月分の補助金を受けられなくなる場合がありますのでご注意ください。

【手続きに必要なもの】
・申請者の印鑑(認印)
・振込先の通帳(申請者名義)

申請場所

上毛町役場子ども未来課、たいへいの里総合窓口係