○上毛町特定健康診査等実施要綱

平成26年3月31日

告示第9号

上毛町特定健康診査等実施要綱(平成20年上毛町告示第41号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この告示は、高齢者の医療の確保に関する法律(昭和57年法律第80号)に基づき、上毛町国民健康保険(以下「上毛町国保」という。)が実施する特定健康診査及び特定保健指導(以下「特定健診等」という。)並びに上毛町国保被保険者の自主的な健康増進及び疾病予防のため、特定健診等に準じて実施する基本健康診査(以下「基本健診」という。)、早期介入保健指導について、必要な事項を定めるものとする。

(対象者等)

第2条 この告示における実施年度中の対象者は、当該各号に定めるところによる。

(1) 特定健診等 40歳から74歳に到達する上毛町国保被保険者(以下「健診対象者」という。)

(2) 基本健診 20歳から39歳に到達する上毛町国保被保険者(以下「基本健診対象者」という。)

(3) 早期介入保健指導 20歳から74歳に到達する上毛町国保被保険者であって、特定健康診査(以下「特定健診」という。)又は基本健診を受診した結果、生活習慣病の発症又は悪化の可能性が高いと認められた者

2 事業実施時点で前項各号に定める者が、次の各号のいずれかに該当する場合は対象者から除くものとする。

(1) 上毛町国保の被保険者でなくなった者

(2) 妊産婦

(3) 刑事施設・労役場その他これに準ずる施設に拘禁された者

(4) 病院又は診療所に6月以上継続して入院している者

(5) 高齢者の医療の確保に関する法律第55条第1項第2号から第5号までに規定する施設に入所又は入居している者

(6) 労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)や学校保健法(昭和33年法律第56号)等他の法律に基づく健診を受けることが可能な者で、上毛町国保が当該人についての健診結果を確実に受領できると判断される者

3 特定保健指導対象者は、特定健診受診結果を別表第1「特定保健指導の階層化」に定める基準に基づき、動機付け支援又は積極的支援が必要とされた者とする。ただし、糖尿病、高血圧又は脂質異常症の治療に係る薬剤を服用している者を除くものとする。

(実施形態)

第3条 特定健診及び基本健診は、個別健診と集団健診を併用して実施する。

2 個別健診は、町と公益社団法人豊前築上医師会の間で締結する契約に基づき、町が定める期間内に、契約医療機関で実施する。

3 基本健診対象者に対する個別健診は、町と町内医療機関の間で締結する契約に基づき、町が定める期間内に、契約医療機関で実施する。

4 集団健診は、町と健診実施機関で締結する契約に基づき、町が指定する期間内に、町が開設する会場で実施する。

5 特定保健指導及び早期介入保健指導は、町保健師等又は上毛町国保が契約する実施機関が行うものとする。

(実施方法)

第4条 特定健診及び基本健診の対象者には受診券を発行し、受診者は、その受診券と国民健康保険被保険者証を健診実施機関に提出することで受診できるものとする。

(自己負担)

第5条 健診費用は、一部受診者負担とし、受診券に表示する額とする。

2 受診者負担額は、実施年度の前年度の上毛町国保運営協議会(以下「運営協議会」という。)にて協議し、町長が決定するものとする。ただし、負担額を変更しない場合はこの限りではない。

3 特定保健指導及び早期介入保健指導については無料とする。ただし、指導の際に必要となる材料費、消耗品費等の実費分については、指導対象者に負担を求めることができるものとする。

(特定健診審査結果及び基本健診審査結果の通知)

第6条 町は、実施機関から特定健診審査結果及び基本健診審査結果を受けたときは、速やかに受診者に通知しなければならない。

(実施項目)

第7条 特定健診は、特定健康診査及び特定保健指導の実施に関する基準(平成19年厚生労働省令第157号)第1条に規定する項目及び別表第2によるものとする。

2 特定保健指導は、次の各号によるものとする。

(1) 特定保健指導対象外全員に対して健康維持・増進のための情報提供。

(2) 動機付け支援は、保健師が行動目標や評価時期の設定について、個別あるいはグループ(1グループ8人程度まで)ごとに初回面接を実施し、概ね6月経過後に評価を行うものとする。

(3) 積極的支援は、行動目標や評価時期の設定について、個別あるいはグループ(1グループ8人程度まで)ごとに初回面接を実施し、その後6月にわたり、面接あるいは電話や電子メール等の通信手段による個別支援を行い、設定した期間経過後に個別面接にて評価を行うものとする。

3 早期介入保健指導は、次の各号によるものとする。

(1) 身体状況、生活習慣、食生活調査の実施。

(2) 運動、栄養指導、個別保健指導及び健康相談の実施。

(3) 効果判定及び事業実施後のフォローアップ。

(4) 対象者に係る各種データ管理の実施。

(5) 前各号に掲げるもののほか、町長が必要と認めるもの。

(実施時期)

第8条 特定健診及び基本健診の実施期間は、個別健診は8月から11月、集団健診は8月から9月までの期間内で実施するものとする。

2 特定保健指導及び早期介入保健指導は、年間を通じて実施するものとし、指導開始時期は原則として当該年度を超えない範囲で対象者と協議して決定するものとする。ただし、指導対象者の自己都合や支援内容の必要により、年度を超えるやむを得ない事由があると認められる場合はこの限りではない。

(他の保険者及び事業者との連携)

第9条 当該年度に労働安全衛生法や学校保健法等他の法令に基づく定期健康診断を受けた者又は受けることができる者については、その健診結果記録の提供を個人又は事業主に求めることができるものとする。

2 上毛町国保の被保険者であった者が他の医療保険に異動し、異動先の保険者から健診結果記録を請求された場合は、請求内容の正当性を調査し、本人の同意を得た上で記録の写しを提供するものとする。

(委任)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(上毛町早期介入保健指導実施要綱の廃止)

2 上毛町早期介入保健指導実施要綱(平成20年上毛町告示第42号)は、廃止する。

附 則(平成30年3月28日告示第20号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

特定保健指導の階層化

腹囲

追加リスト

④喫煙歴

対象

①血糖②脂質③血圧

40~64歳

65~74歳

≧85cm(男性)

≧90cm(女性)

又は、内臓脂肪面積100cm2以上

2つ以上該当


積極的支援

動機付け支援

1つ該当

あり

なし


上記以外でBMI≧25

3つ該当


積極的支援

動機付け支援

2つ該当

あり

なし


1つ該当


(注) 喫煙歴の斜線欄は、階層化の判定が喫煙の有無に関係ないことを意味する。

別表第2(第7条関係)

健診内容表

【基本的な健診の項目】

1

問診は、標準的な質問票に基づいて行う。

※既往歴の調査(服薬歴及び喫煙習慣の状況に係る調査を含む。)、自覚症状及び他覚症状の検査を含む。

2

身体計測は、身長、体重、腹囲、BMIとする。

※腹囲の測定は原則全員実施する。BMIが20未満の者、又は厚生労働大臣が定める基準に基づき医師が必要でないと認める時は、省略可とする。内臓脂肪面積の測定でも可とする。

3

血圧測定(収縮期血圧、拡張期血圧)

4

血中脂質検査(中性脂肪、HDL―コレステロール、LDL―コレステロール)

5

肝機能検査(GOT、GPT、γ―GTP)

6

血糖検査(空腹時血糖)

7

尿検査(糖、蛋白)

【詳細な健診の項目】

8

貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)

9

心電図検査

10

眼底検査

11

血清クレアチニン検査

【保険者独自の追加健診項目】(国の定める標準様式に基づく項目)

12

診察(視診、打聴診、触診、その他(家族歴等))

13

生化学検査(血清クレアチニン、血清尿酸)

14

血糖検査(ヘモグロビンA1c)

15

尿検査(尿潜血)

16

血液像検査(ヘマトクリット値)

17

その他、必要と認められる項目

上毛町特定健康診査等実施要綱

平成26年3月31日 告示第9号

(平成30年4月1日施行)