○上毛町妊婦健康診査費助成事業実施要綱

平成21年4月1日

告示第24号

(目的)

第1条 この要綱は、母子保健法(昭和40年法律第141号)第13条の規定に基づき実施する妊婦健康診査(以下「健康診査」という。)の費用を助成することにより、健康診査の一層の徹底を図り、妊婦の健康の保持及び増進を図ることを目的とする。

(助成対象者)

第2条 この事業による助成対象者は、町内に住所を有する妊婦とする。

(助成を実施する健康診査)

第3条 この要綱の規定により助成を実施する健康診査は、別表のとおりとする。

(受診票の交付)

第4条 町長は、妊娠届出書を受理したときは、届出者に対し別に定める健康診査受診票(以下「受診票」という。)を交付するものとする。

2 町長は、他市町村からの転入者が健康診査の対象であることを確認した場合又は受診票を紛失し若しくは損傷した者から受診票の再交付の申請があった場合であって、適当であると認める場合は、受診票を交付するものとする。

(受診及び助成の方法)

第5条 助成対象者は、町長が健康診査の実施を委託した医療機関等(以下「委託医療機関等」という。)に受診票を提出して健康診査を受けるものとする。

2 町長は前項の規定により助成対象者が受けた健康診査にかかる費用について、当該助成対象者に代わり、委託医療機関等に支払うものとする。

3 助成対象者が県外の医療機関で受診し、健康診査受診料を支払った場合は、妊婦健康診査費助成金交付請求書(別記様式)に、次に掲げる書類を添えて、健康診査を受診した日から1年以内に町長に請求するものとする。

(1) 妊婦健康診査受診票

(2) 医療機関が発行する領収書

4 町長は、前項の助成金交付請求書を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、健康診査に要した費用に対する助成金を交付するものとする。ただし、助成額は、第5条第1項の規定による委託契約の健康診査ごとの契約額を限度とする。

(委任)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月24日告示第14号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月27日告示第19号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

基本健診(問診及び診察・血圧測定・体重測定・尿化学検査)

8回

基本健診+妊娠初期血液検査+血糖検査

1回

基本健診+超音波検査

1回

基本健診+貧血検査

1回

基本健診+超音波検査+貧血・血糖検査

1回

基本健診+分泌物検査

2回

画像

上毛町妊婦健康診査費助成事業実施要綱

平成21年4月1日 告示第24号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉
沿革情報
平成21年4月1日 告示第24号
平成28年3月24日 告示第14号
平成30年3月27日 告示第19号