○上毛町建設工事請負契約に係る指名競争入札に参加する者の資格要綱

平成17年10月11日

告示第60号

地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の11第2項の規定に基づき、上毛町が施工する建設工事(建設工事に附帯する工事、調査、設計等を含む。)の請負契約に係る指名競争入札に参加するものに必要な資格を定めたので同条第3項において準用する同令第167条の5第2項の規定により、次のように公示する。

(1) 指名競争入札に参加できない者

ア 建設工事については、建設業法(昭和24年法律第100号。以下「法」という。)第2条第1項の建設工事を営む者で、法第3条第1項の許可(以下「許可」という。)を受けていないもの

イ 建設工事については、法第27条の23第1項の規定による審査を受けていないもの

ウ 地方自治法施行令第167条の4第2項各号のいずれかに該当すると認められる者で、その事実があった後2年を限度として町長が定める期間を経過していないもの及びこれらのものを代理人、支配人、その他の使用人又は入札代理人として使用するもの

エ 暴力団関係者として関係行政機関から通知があり、入札参加の対象とすることが適当でないと認められるものは、指名しないものとする。

(2) 指名競争入札に参加する者に必要な資格

ア 建設業者の場合

(ア) 別表に掲げる事項について行った審査の結果を総合勘案し、次に掲げるところにより、等級別に格付し、各等級に対応する工事について入札に参加する者を定める。

a 土木一式工事についてはA等級からD等級まで

b 建築一式工事についてはA等級からD等級まで

c 舗装工事についてはA等級からC等級まで

d その他専門工事については、等級別格付は行わないものとする。

(イ) 格付された業者であっても、事情により、上下の等級に係る指名競争入札に参加させることがある。

(ウ) 新規の許可に係る建設業者の等級は、最下位級に格付するものとする。ただし、事業継承又は組織変更などによる新規の許可に係る建設業者は、この限りでない。

イ その他の業者の場合

等級格付は行わないものとする。

(3) 有効期限

等級別格付の有効期限は、翌年度の格付決定の前日までとする。

(4) 指名競争入札に参加しようとするものは、次に定めるところにより、指名競争入札願書1部を提出しなければならない。

ア 納税証明書の添付

指名競争入札願書提出前における市町村税納税証明書。ただし、法人にあっては法人の市町村税及び代表者の納税証明書を併せて添付しなければならない。

イ 提出期限

(ア) 毎年4月1日から5月31日までを原則とする。

(イ) その他町長が特に必要と認めるときは、上毛町建設業者指名登録選考審査委員会に諮問する。

(ウ) 提出先 上毛町総務課

(5) この告示に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年10月11日から施行する。

別表

(1) 客観的事項の審査基準

法第27条の23第2項の規定により、国土交通大臣が定めた審査の基準による。ただし、指名競争入札に参加するため共同企業体が結成された場合は、当該共同企業体の構成員ごとに行った経営事項審査申請を基礎として、次に定めるところにより調整を行い、審査の評定をする。

ア 共同企業体の完成工事高は、各構成員の完成工事高の和とする。

イ 共同企業体の経営規模は、各構成員の自己資本額、職員の数及び機械器具等の価格のそれぞれの和とする。

ウ 共同企業体の経営比率及び営業年数は、各構成員の平均値とする。

(2) 主観的事項の評定

工事成績、信用度等により行うものとする。

上毛町建設工事請負契約に係る指名競争入札に参加する者の資格要綱

平成17年10月11日 告示第60号

(平成17年10月11日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成17年10月11日 告示第60号