○上毛町下水排水対策事業費補助金交付規程

平成17年10月11日

告示第37号

(趣旨)

第1条 この告示は、上毛町補助金等交付規程(平成17年上毛町告示第6号)に定めるもののほか、町内の住環境の整備をすることにより、快適で衛生的な住みよいまちづくりを目指しその目的を達するため、町内住宅連たん地域内で下水排水路の新設又は改良事業を行う者に、その事業に要する経費に対し、予算の範囲内で補助金を交付することに関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付の対象)

第2条 補助金の交付の対象となる事業は、次の各号のいずれにも該当する事業とする。

(1) おおむね住宅連たん地域内であって下水排水路の新設又は改良事業

(2) 受益戸数2戸以上で公共の用に供するもの、又はこれに準ずる効用が認められるもの

(3) 下水排水路であって、下水排水口から、幹線又は支線の下水排水路に到達するまでの間で私有地内に施工する施設でないもの

2 事業費は10万円以上50万円を限度とし、補償的経費は含まない。

(補助率)

第3条 前条の補助対象事業の補助率は、100分の60とする。

(申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、申請者を地元自治会長として下水排水対策事業費補助金交付申請書(様式第1号)に、次に掲げる書類を添付し、町長に提出しなければならない。

(1) 関係者全員の工事施工同意書(様式第2号)

(2) 受益者全員の工事に係る経費についての工事費負担承諾書(様式第3号)

(3) 工事概要及び工事設計書

(補助金の決定)

第5条 町長は、前条に規定する申請書を受理したときは、当該申請書の審査及び現地調査を行い、補助金を交付すべきと認めたときは、申請者に対し補助金の交付の決定を通知する。

(工事の着手及び完了の報告)

第6条 申請者は、工事に着手するときは速やかに工事着手届(様式第4号)を、又は工事が完了したときは直ちに竣工届(様式第5号)を、町長に提出しなければならない。

(検査)

第7条 町長は、補助金に係る予算執行の適正を図るため、申請者に対し当該職員に設計図書に基づき、完了工事の現地立入検査をさせ、又は関係者に質問させることができる。

(補助金交付の取消し等)

第8条 町長は、申請者が補助金交付の決定を受け、又は補助金の交付を受けた場合において、当該補助金に係る事業につき次の各号のいずれかに該当するときは、補助金交付の決定の全部若しくは一部を取り消し、又は補助金の交付を停止し、若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) 虚偽の申請をしたとき。

(2) 施設の工事が疎漏であったとき。

(3) 補助金交付の条件に違反したとき。

(4) 経費が補助金算定の際の経費に対して減少したとき。

(5) 前各号に掲げる場合のほか、規程に違反したとき。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年10月11日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の新吉富村下水排水対策事業費補助金交付規程(昭和62年新吉富村規程第2号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年3月31日告示第11号)

(施行期日)

第1条 この告示は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月26日告示第16号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

上毛町下水排水対策事業費補助金交付規程

平成17年10月11日 告示第37号

(平成30年4月1日施行)